ニュージーランドワインの主要生産地

マールボロ

NZ最大の生産地「マールボロ」のブドウ畑

ニュージランドは、比較的温暖な北東北端から、冷涼な南東南端までワイン生産地が点在しています。最もよく知られているのは南島の「マールボロ」。ソーヴィニョン・ブランが世界的に評価されています。

主要生産地

北島

地図 生産地 概要
A Nothland(ノースランド) NZのブドウの発祥の地。シャルドネが主体。
B Aukland(オークランド) ボルドータイプ品種と、シラーの赤ワインの評価が高い。
C Gisborne(ギズボーン) 日付変更線に接する最東のエリア。1960年代以降、大手ワイナリーの建設が進んだ地域。
D Hawkes Bay(ホークスベイ) マールボロに次ぐNZの第2位の生産地。
E Wairarapa(ワイララパ) 首都ウェリントンの北東に位置する。サブリージョン(小地区)のMartinborough(マーティンボロ)では、高品質のピノ・ノワールが作られる。

南島

地図 生産地 概要
F Marlborough(マールボロ) ニュージーランド最大の生産地。1973年に植えられたソーヴィニョン・ブランが国際的に評価される品種に。
G Canterbury(カンタベリー) シャルドネ、ピノ・ノワール、リースリングなどが栽培される。近年は瓶内二次発酵式のスパークリングワインも生産される。
H Central Otago(セントラル オタゴ) 世界最南のワイン生産地。ニュージーランドの生産地で最も標高が高い。冷涼な気候からピノ・ノワールが作られる。