イタリアワインのブドウ品種(地場品種)

今回はイタリアワインに使用されるブドウ品種についてご紹介します。

概要

  • 全土で栽培が盛んなのは「サンジョベーゼ(黒)」「トレッビアーノ(白)」
  • 北部で重要なのは「ネッビオーロ(黒)」など。
  • 中部で重要なのは「サンジョベーゼ(黒)」など。
  • 南部で重要なのは「アリアニコ(黒)」など。
全土で最も栽培が盛んなサンジョベーゼ種

全土で最も栽培が盛んなサンジョベーゼ種

国土が南北に広がるイタリアでは、北部では比較的冷涼、中部は温暖で、南部は暑いという傾向があります。他の生産国と同様に地域ごとに相性の良いブドウが栽培されていますが、イタリアワインで特筆すべきは、やはりその豊富な地場品種の存在です。

イタリアでは伝統的に地場品種のブドウを使ったワインが大切にされており、個性的でバラエティー豊かなイタリアワインには、こうした地域ごとに栽培される地場品種の存在が大きいと言えます。

一方で、近年ではトスカーナ州に代表されるように、フランス系の国際品種を使ったワインも盛んに作られており、地元に愛されるワインから国際的に高く評価されるワインまで、実に様々なワインが作られているのです。

栽培面積の広いブドウ品種

イタリア全土においては、黒ブドウでは「サンジョベーゼ」、白ブドウでは「トレッビアーノ」が最大の栽培面積を誇ります。

サンジョベーゼ(Sangiovese)
黒ブドウ栽培面積第1位。イタリアを代表するブドウ品種。主に中部のトスカーナ州などで生産され、カジュアルなワインから高級ワインまで幅広く使われます。
トレッビアーノ(Trebbiano)
派生品種もあわせて白ブドウ栽培面積第1位。どちらかと言うとカジュアルなワインに多く使われます。フランスのユニ・ブラン(コニャック等の原料)と同一の品種です。

地域ごとに栽培が盛んなブドウ品種

イタリア北部

北部地域は比較的冷涼でネッビオーロ種から作る高級ワインの他、白ブドウではシャルドネやリースリングといったフランス系の国際品種も栽培されています。

黒ブドウ

ネッビオーロ(Nebbiolo)
ピエモンテ州を代表する品種です。「バローロ」や「バルバレスコ」などの高級ワインに使われます。ピエモンテ州の北部ではSpanna(スパンナ)、ロンバルディア州ではChiavennasca(キアヴェンナスカ)とも呼ばれます。
バルベーラ(Barbera)
ピエモンテ州などで栽培されます。イタリア国内で人気が高く、特に北部で生産量が多いブドウ品種です。タンニンは少ないですが、果実味と酸が豊富なワインが作られます。
ドルチェット(Dolcetto)
ピエモンテ州などで栽培されます。酸が少なくタンニンが多い。バルベーラの対局にあるとも言える品種です。
ブラケット(Brachetta)
ピエモンテ州東部の微発泡性の赤ワイン、ブラケット・ダックィに使われるブドウ品種です。
ピノ・ネーロ(Pino Nero)
フランスのピノ・ノワールと同一品種。ロンバルディア州では瓶内二次発酵方式のスパークリングワイン「フランチャコルタ」にブレンドされています。
コルヴィーナ(Corvina)
主にヴェネット州で栽培される黒ブドウ品種。コルヴィーナ・ヴェロネーゼとも呼ばれます。

白ブドウ

コルテーゼ(Cortese)
ピエモンテ州の白ワイン「ガヴィ」に使われる主要品種です。
アルネイス(Arneis)
ピエモンテ州の「ロエーロ(白)」の主要品種。食用としても好まれる品種です。
モスカート・ビアンコ(Moscato Bianco)
ピエモンテ州「アスティ」などの甘口スパークリングワインに使われます。いわゆるマスカット系品種で、フランスのミュスカと同一品種です。
シャルドネ(Chardonnay)
フランス系国際品種。ロンバルディア州で生産される瓶内二次発酵方式のスパークリング「フランチャコルタ」の主要品種として使われます。
リースリング(Riesling)
ヴェネット州の「オルトレポオアヴィーゼ」の主要品種として使われます。
ガルガネガ(Garganega)
ヴェネット州を代表するギリシャ原産の白ブドウ品種です。「ソアーヴェ」の主要品種として使われます。
トレビアーノ(Trebbiano)
イタリア全土で生産が多い品種。ヴェネット州ではTrebbiano di Soave(トレビアーノ・ディ・ソアーヴェ)と呼ばれ、ソアーヴェの主要品種として使われます。
グレーラ(Glera)
かつてプロセッコと呼ばれていた品種で、ヴェネット州において微発泡ワインのプロセッコの主要品種となります。

イタリア中部

中部は比較的温暖な地域です。イタリアを代表する品種であるサンジョベーゼの他、トスカーナ州ではメルローやカベルネ・ソーヴィニョンから高品質のワインが作られます。

黒ブドウ

サンジョベーゼ(Sangiovese)
イタリアを代表する黒ブドウ品種。「キャンティ・クラシッッコ」や「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」などの主要品種として使われます。
カナイオーロ・ネーロ(Canaiolo Nero)
以前はトスカーナ州の主要品種でしたが、現在はサンジョベーゼにブレンドして使われることが多い品種です。
メルロー(Merlot)
フランス系の国際品種。サンジョベーゼにブレンドするなどして使われます。
カベルネ・ソーヴィニョン(Cabernet Sauvignon)
フランス系の国際品種。ボルゲリ地区ではカベルネ・ソーヴィニョンとメルローをブレンドしたボルドータイプの赤ワイン(いわゆるスーパートスカーナ)などに使用されます。
モンテプルチアーノ(Montepilciano)
比較的量産型の親しみ安いワインに使われるブドウ品種です。

白ブドウ

ヴェルナッチャ(Vernacia)
ヴェルナッチャ・サンジャミーノの主要品種です。
トレッビアーノ・トスカーノ(Trebbiano Toscano)
いわゆるトレビアーノ品種です。
マルヴァジア・ビアンカ(Malvasia Bianca)
キャンティ地区を中心に栽培、陰干しブドウとして使われます。

イタリア南部

高温な南部地域では、ブドウ栽培は冷涼な気候を求めて標高の高い位置などで行われます。ワインにおいては、白ワインより赤ワインの方が多く生産される傾向があります。

黒ブドウ

アリアニコ(Aglianico)
カンパニア州を代表する黒ブドウ品種。「タウラージ」などに使われます。
プリミティーヴォ(Primitivo)
主にプーリア州で栽培されます。アメリカのジンファンデルと同一の品種です。
ネグロアマーロ(Negro Amaro)
主にプーリア州で栽培されます。「サリーチェ・サレンティーノ」などの主要品種に使われます。
ガリオッポ(Gaglioppo)
主にカラブリア州栽培。赤ワイン「チロ」に使われる品種です。ギリシャ原産の黒ブドウ品種で、タンニン豊かなワインが作られます。
ネロ・ダヴォラ(Nero d’Avol)
シチリア島の地ブドウ品種。地元ではカラブレーゼと呼ばれています。

白ブドウ

グレーコ(Greco)
主にカンパーニャ州で栽培。グレーコ・ディ・トゥーフォの主要品種として使われる、ギリシャ原産のブドウ品種です。
フィアーノ(Fiano)
主にカンパーニャ州で栽培。フィアーノ・ディ・アヴェッリーノの主要品種として使われます。ギリシャ原産で「蜜蜂」とも呼ばれていた品種。