オーストラリアワインの主要ブドウ品種

オーストラリアと言えば、シラーズを思い浮かべる人も多いでしょう。シラーズ(シラー)はフランスのコート・ド・ローヌが原産ですが、オーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれ、この国を代表する黒ブドウ品種となっています。

その他にも、南部の冷涼な気候では、シャルドやピノ・ノワール、リースリングといった人気品種の生産も増加しています。

シラー

シラーズ

主要ブドウ品種

黒ブドウ品種

シラーズ フランスローヌ地方原産。オーストラリアで栽培面積第1位。
カベルネ・ソーヴィニョン 黒ブドウ面積第2位。
メルロー 黒ブドウ面積第3位。
ピノ・ノワール 黒ブドウ面積第4位。

白ブドウ品種

シャルドネ 白ブドウ面積第1位。
ソーヴィニョン・ブラン 白ブドウ面積第2位。
セミヨン 白ブドウ面積第3位。
リースリング 南オーストラリ州イーデン・ヴァレーとクレア・ヴァレーの主要品種。辛口に仕立てる事が多い。