シャンパーニュの味わい表記について(ブリュット、セックとは?)

シャンパーニュの製造における重要な工程に「ドザージュ」と呼ばれる滓引き後のリキュール添加作業があります。ドザージュは滓引きで目減りしてしまったワインの分量を補填する目的の他に、最終的な味わいを決定する重要な役割を果たす事から「門出のリキュール添加」とも呼ばれます。

リキュールの糖分が高ければ「甘口」、糖分が少なければ「辛口」に仕上がり、それぞれの商品コンセプトに応じて調整がなされます。味わいはシャンパーニュのボトルに下記のように記載されます。

ボトルの表記 味わい
Dosage Zero(またはBrut Nature)
ドザージュ・ゼロ(ブリュット・ナチュール)
極辛口
Extra Brut
エクストラ・ブリュット
上辛口
Brut
ブリュット
辛口
Demi-Sec
ドゥミ・セック
やや甘口
Doux
ドゥー
甘口

←シャンパーニュの基礎知識へ戻る