【特級畑】シャぺル・シャンベルタン(Chapelle-Chambertin) 

シャぺル・シャンベルタン(Chapelle-Chambertin) は、フランス、ブルゴーニュ地方にあるグラン・クリュ(特級畑格付け畑)であり、この畑から収穫されたブドウで作るワインのことを言います。

所有者の数  9人
畑の面積 5.5haha
畑の所在地 ジュヴレ・シャンベルタン村
ワインのタイプ 赤ワイン

ワインの特徴とテロワール

シャぺル・シャンベルタンの畑があるジュヴレ・シャンベルタン村には、標高260m〜320メートルの南東向きの日当たりの良い斜面に、9つのグラン・クリュがあります。その数はブルゴーニュ、コート・ドールにおいて最多です。

畑の名前の由来は、1155年にベーズ修道院の近くに建設された礼拝堂(チャペル)から来ているとされますが、1789年に始まったフランス革命の際に礼拝堂は取り壊されてしまいました。グリオット・シャンベルタンの西側に位置していて、果実味豊かでエレガントなワインが作り出されています。

代表的な生産者

ペロ・ミノなど

参考商品