ソーヴィニョン・ブランの産地と特徴

189c51be84938ea0ce0957984f9320b4

【ブドウ品種:ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon Blanc)】主にフランスボルドー地方やロワール地方で栽培される白ブドウ品種です。独特の柑橘系のアロマや、青臭いニュアンスの特徴が現れやすい品種ですが、栽培される地域によって異なる個性を発揮します。

主要産地

フランス
ボルドー地方
グラーヴ地区やアントル・ドゥ・メール地区にて栽培される。セミヨンやミュスカデル等とブレンドして辛口〜甘口の白ワインに仕上げられる。
フランス
ロワール地方
多くはソーヴィニョンブラン100%で作られる。冷涼な地域で育ったものはハーブのようなニュアンスが現れる。
ニュージーランド マルボーロ地区などで栽培し、品質の高さからこの国を代表する品種になりつつある。
その他 チリなどのニューワールド系生産地の多くで栽培される。温かい地域で育ったものは柑橘系の果物のニュアンスが強い。