ボーヌ(Beaune)

ボーヌ(Beaune)はフランス、ブルゴーニュ地方、コート・ド・ボーヌ地区に位置します。

ブルゴーニュ地方の交通や経済の中心地と都市として栄えており、多くのワイナリーが本社を構えることから「ワインの首都」と呼ばれる事もあります。

周辺に広がるブドウ畑の面積も広く、コート・ド・ボーヌ随一の規模を誇り、プルミエ・クリュの数も最大です。

コミュナル(村名ワイン)

コミュナル(村名)のA.O.Cワインタイプは、赤・白が認められています。

コミュナル(村名ワイン) ワインタイプ
ボーヌ
Beaune
赤・白

プルミエ・クリュ(第一級格付け)

ボーヌには合計44のプルミエ・クリュがあり、その数はブルゴーニュ随一の規模を誇ります。プルミエ・クリュはラベルには「村名+(第一級)畑名」のように記載されます。代表的なプルミエ・クリュに、下記のようなものがあります。

主なプルミエ・クリュ
Beaune Premier Cru
(1er Cru)(赤・白)
レ・マルコネ
Les Marconnets
レ・フェーヴェ
Les Feves
レ・グレーヴ
Les Greves
クロ・デ・ムーシュ
Clos des Mouches
オー・クラ
Aux Cras
クロ・ド・レキュ
Clos de l’Ecu
レ・ヴィーニュ・フランシュ
Les Vignes Franches
クロ・デュ・ロワ
Clos du Roi
クロ・ド・ラ・ムース
Clos de la Mousse
他 合計(44)

ボーヌにはグラン・クリュ畑がありませんが、同地にある畑の約75%がプルミエ・クリュ畑で占められています。