マランジュ(Maranges)

マランジュ(Maranges)は、ブルゴーニュ地方、コート・ド・ボーヌ地区にあるワイン生産地です。1989年に認定されたブルゴーニュで最も新しいA.O.Cの一つです。行政区分上はコート・ドール県から外れ、隣のソーヌ・エ・ロワール県に属します。

コミュナル(村名ワイン)

マランジュのコミュナル(村名)のA.O.C(原産地呼称ワイン)は、赤・白が認められています。生産量では赤ワインの比率が多めです。

コミュナル(村名ワイン) ワインタイプ
マランジュ
Maranges
赤・白

プルミエ・クリュ(第一級格付け)

マランジュには10のプルミエ・クリュがあります。プルミエ・クリュのラベルには「村名+(第一級)畑名」のように記載されます。

グラン・クリュ(特級格付け)

マランジュにはグランクリュの畑はありません。