サントネー(Santenay)

サントネーは(Santenay)は、ブルゴーニュ地方、コート・ド・ボーヌ地区にあるワイン生産地です。コート・ド・ボーヌ最南端の丘陵の村。ミネラル多い秀逸なワインが生まれることで知られています。

コミュナル(村名ワイン)

サントネーのコミュナル(村名)のA.O.C(原産地呼称ワイン)は、赤・白が認められています。
ピュリニー・モンラッシェやシャサーニュ・モンラッシェでは見られなかった石灰質の茶色い土壌が再びこのサントネーで姿を現します。ピノ・ノワールに適しているため、赤ワインの生産が盛んです。

コミュナル(村名ワイン) ワインタイプ
サントネー
Santenay
赤・白

行政区分上では、一部の畑はコート・ドール県ではなく、隣のソーヌ・エ・ロワール県に属します。

プルミエ・クリュ(第一級格付け)

サントネーには13のプルミエ・クリュがあります。ラベルには「村名+(第一級)畑名」のように記載されます。代表的なプルミエ・クリュとして下記のようなものがあります。

主なプルミエ・クリュ
Santenay Premier Cru
(1er Cru)(赤・白)
レ・グランヴィエール
Les Gravieres
ボールガール
Beauregard
パスタン
Passetemps
ラ・マラディエール
La Maladiere
他 合計(13)

中でも「レ・グランヴィエール」の名前がよく知られています。

グラン・クリュ(特級格付け)

サン・トーバンにはグランクリュ畑はありません。