【特級畑】シャンベルタン(Chambertin)

シャンベルタンは、フランス、ブルゴーニュ地方にあるグラン・クリュ(特級畑格付け畑)であり、この畑から収穫されたブドウで作るワインのことを言います。

所有者の数25人
畑の面積12.9ha
畑の所在地ジュヴレ・シャンベルタン村
ワインのタイプ赤ワイン

ワインの特徴とテロワール


特級「シャンベルタン」の畑があるジュヴレ・シャンベルタン村には、標高260m〜320メートルの南東向きの日当たりの良い斜面に、9つのグラン・クリュがあります。その数はブルゴーニュ、コート・ドールにおいて最多であり、特に「シャンベルタン」は「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」と共に別格扱いされる畑です。

ここから造られるワインは、ナポレオン皇帝のお気に入りでもあり、遠征の時も必ず持って行き愛飲していたとも言われています。

石灰岩や粘土に酸化鉄を多く含む土壌からは、ジュヴレ・シャンベルタン村特有の土やスパイスの香り、豊富なタンニンはもちろん、9つのグラン・クリュの中で最もスケールが大きく筋肉質で、長期熟成向きなワインを生み出すとされています。

代表的な生産者


アルマン・ルソー
ジャン・ルイ・トラペ
ドゥニ・モルテ
フィリップ・シャルロパン・パリゾ など

参考商品