プロヴァンス地方・コルシカ島

フランス南部の地中海地域、プロヴァンス地方とコルシカ島についてご紹介します。

プロヴァンス地方

プロヴァンス地方は、ローヌ河口以東の地中海側に広がる生産地です。温暖かつ穏やかな地中海性気候で、フランス全体のロゼワインの約38%を作るロゼワインの一大産地として知られます。

プロヴァンスワインの約88%がフランス国内で販売、うち約40%がプロヴァンス地方で消費されているとも言われ、地元消費が多い生産地でもあります。

ブドウ品種

黒ブドウ グルナッシュ、サンソー、ムールヴェドル、ティブラン(プロヴァンス地方の土着品種)など
白ブドウ クレレット、ユニ・ブラン、ロール(ヴェルマンティノ)など

代表的なA.O.C

A.O.C名 タイプ 備考
コート・ド・プロヴァンス
Cotes de Provence
赤・白
ロゼ
プロヴァンス最大のA.O.C。ロゼの生産量が約93%と圧倒的。A.O.Cの後ろに「サン・ヴィクトワール」「フレジュ」「ラ・ロンド」「ピエールフ」のように地域名が付くものもある。
コトー・デクス・アン・プロヴァンス
Coteaux d’Aix-en-Provence
赤・白
ロゼ
西部のローヌ川付近に位置するA.O.C。ロゼの生産量が約81%。
バンドール
Bandol
赤・白
ロゼ
ムールヴェドルを主体とした赤ワインが有名。
カシス
Cassis
赤・白
ロゼ
クレレットとマルサンヌを主体とした白ワインの生産量が約70%を占める。

コルシカ島

コルシカ島は、ナポレオンの生誕地としても有名な、地中海に浮かぶ島です。単に「コルス」とも呼ばれます。ワイン作りについてはお隣イタリアの影響も強く、イタリア系品種のブドウを使ったワインの生産が行われています。ワインのタイプは、赤ワインとロゼワインが約83%を占めます。

ブドウ品種

黒ブドウ スキアカレロ、ニエルキオ(サンジョベーゼ)など
白ブドウ ロール(ヴェルマンティノ)など