ロベルト・ヴォエルツィオ(Roberto Voerzio)|ピエモンテ

  • 極めて凝縮感の強い長期熟成型のバローロを作るイタリアの生産者。
  • ブドウの房の上半分しか使わないなど、徹底された収穫制限。
  • 年間生産本数が少ない希少なプレミアムワイン。

index_img_07


ロベルト・ヴォエルツィオは、バローロで名高いイタリア・ピエモンテ州・ランゲ地方の「ラ・モッラ」に1986年に創業したワイナリーです。

所有するいくつかの畑の歴史は、町の記録に残る1250年まで遡ることができます。所有畑は最初は2haしかありませんでしたが、その後何年にもわたり、「ラ・セッラ」、「ブルナーテ」、「チェレクイーオ」、「サルマッサ」、「ロッケ・デル・アヌンツィアータ」、「フォサッティ」など歴史的に名声を得ているクリュを取得してきました。

現在、ブドウ畑には1ha当たり6000〜8000本の樹を植えており、最も名高いバローロワインに使用するブドウは、1本の樹に結実するブドウの数量を5房〜8房に抑え、尚且つ糖度の高い上半分のみを使用(下半分はカット)する驚くべき低収穫量の栽培から、極めて凝縮感の強いワインを生み出しています。

ワインの生産量は限られ、その年の天候と収穫状況にもよります が、約20haの畑から年間約4化〜6万本となり、希少価値が高いプレミアムワインとしても知られています。

ワインリスト