パルッソ(Parusso)|ピエモンテ

  • 高品質バローロを作る注目のイタリアワイン生産者。
  • バローロ生産エリアの中でも、上質バローロを作るエリアに畑を所有。
  • 完熟ブドウを収穫後に約1週間休ませる、フレンチオークの新樽で熟成するなどの方法で、モダンスタイルの洗練されたバローロを作り出す。

index_img_02


index_img_03

パルッソのワイナリーは、バローロD.O.C.G.エリアの中でも特に重要な5つの村の内の2つ、「モンフォルテ・ダルバ村」と「カスティリオーネ・ファレット村」の中間に位置しています。パルッソの起源は現オーナーのマルコ・パルッソの父親が小さなワイナリーを設立した1971年に遡ります。1985年にはマルコ・パルッソが新しいワイナリーを設立し、現在では栽培面積23haから、年間約12万本のワインを生産しています。

生産量の30%はイタリア国内で消費され、70%は輸出されています。マルコ・パルッソは、「バローロ・ボーイズ」の一員としてバローロ改革を推進して脚光を浴びた人物でもあります。1991年からは「ランガ・イン」という生産者グループにも属しています。

2000年頃からは、新たなワイン作りの試みとして、収穫したブドウ(ネッビオーロ)を約1週間休ませた後の醸造、フランス産オークの新樽による熟成(多くが新樽100%)などの方法を取り入れ、モダンで洗練されたスタイルのバローロを作り出しています。

パルッソのおすすめワイン

「バローロ・ブッシア」はバローロ生産エリアの中でも良好な位置の畑で収穫されたブドウを使った同社のフラッグシップワイン。凝縮感と豊富なタンニンを持ちながらも、比較的若いうちからも楽しめる高品質なワインです。

ワインリスト