ドミニク・グリュイエ(Dominique GRUTIER)|ブルゴーニュ


ドミニク・グリュイエ(Dominique GRUTIER)は、フランス・ブルゴーニュ地方のシャブリにもほど近い、エピユイヌに拠点を構えるワイナリーです。

ワイナリーについて

ワイナリーは、1990年にドミニク・グリュイエの両親が1212年にまで歴史を遡るエピヌイユの「ドメーヌ・ド・ラベイ・デュ・プティ・カンシー」を手に入れたことから始まります。

「ドメーヌ・ド・ラベイ・デュ・プティ・カンシー」は、タンレイのラベイ・ド・カンシーと関係の深いシトー派修道院の建物で、ヌヴェール伯、オーセール伯およびトネール伯であり、後にコンスタンティノープルのラテン皇帝となるピエール・ド・クールトネイの寄付により、修道僧らの夏の住まい、かつワイン醸造用の倉庫として建てられた歴史ある建物です。

13世紀にはブルゴーニュ公妃マルグリットからさらに寄付を受け、ル・プティ・カンシーと呼ばれるようになり、さらに後に「ラベイ・デュ・プティ・カンシー」、あるいは「シャトー・デピヌイユ」と呼ばれるようになったと言います。

ブドウ栽培・生産銘柄

1990年のドメーヌの取得以来、息子のドミニク氏が栽培醸造家としてこのドメーヌを運営し、およそ20年かけて建物を修復。不順な気候の多い北部の産地にもかかわらず、2010年から100%ビオロジック栽培に転換を図りました。2014年には認証を得られる予定です。

エピヌイユでは、ブルゴーニュ・エピヌイユ、ブルゴーニュ・エピヌイユ・ロゼ、ブルゴーニュ・トネール、それにクレマン・ド・ブルゴーニュを作っています。

2009年よりシャブリ地区にもブドウ畑も取得し、現在、ドメーヌは27haの畑を所有しています。シャブリでは、プティ・シャブリ、シャブリ、シャブリ・プルミエ・クリュ「モンテ・ド・トネール」を生産しています。

おすすめワイン

エピヌイユで造られるブルゴーニュ・ルージュは、北部の生産地ながら程よい果実味があり、手頃な価格帯も然ることながらバランスの取れた味わいです。
関連投稿