世界の様々な「甘口ワイン」

ソーテルヌの貴腐ワイン


食後のデザートにも最適な甘口ワイン。今回は色々な甘口ワインについてご紹介します。

色々な甘口ワイン

貴腐ワイン

完熟したブドウの果皮に、「貴腐菌(ボトリティス・シネレア菌)」と呼ばれる菌が繁殖すると、果皮に穴を開け水分が蒸発し、干しブドウのような状態になります。これが「貴腐ブドウ」と呼ばれるものです。

貴腐ブドウから造る貴腐ワインは、甘口ながらも複雑性がある極上品です。フランス・ボルドー地方の「ソーテルヌ地区」は、世界最高の貴腐ワインの産地として知られています。

アイスワイン

ブドウを収穫せず冬まで置いておき、寒い冬の日の朝に凍結したブドウを収穫し、すぐに圧搾して糖分の高い果汁を絞る方法で造られます。ドイツやカナダなどの緯度の高い地域が代表的な産地です。

冬までブドウを置いておくと鳥に食べられてしまうなどのリスクもあり、カナダなどでは人工的にブドウを氷結させて造る製法もあります。

陰干し

収穫したブドウを天井から吊るしたり、すのこや藁に並べて陰干しを行いブドウの糖度を高めて造ります。フランスのジュラ地方の「ヴァン・ド・パイユ」は、収穫したブドウを藁の上に並べて陰干しして造られます。イタリアの「パッシート」「レチョート」も、すのこに並べるなどして、陰干しして造る甘口ワインです。

遅摘み(レイトハーベスト)

通常より10日程遅く収穫したブドウから造る甘口ワイン。フランス・アルザス地方の「ヴァンダンジュ・タルディヴ」や、ドイツの「シュペートレーゼ」が有名です。