アルヌー・ラショー(ARNOUX-LACHAUX)|ブルゴーニュ

9A59B90A-C4C0-447D-A0E0-6EAA8ED33713


アルヌー・ラショーは、フランス・ブルゴーニュ地方のヴォーヌ・ロマネ村に本拠を構えるワイナリーです。かつては「ロベール・アルヌー」の名でワインを販売していましたが、2008年より現在の「アルヌー・ラショー」に改称しています。

ワイナリーについて

先代ロベール・アルヌー氏はこのドメーヌの名声を確立した人物であり、現当主のパスカル・ラショー氏は、そのロベール・アルヌー氏の娘婿にあたります。

パスカルは、元はボーヌの薬剤師でワイン造りとは無縁の家系にいましたが、ロベール・アルヌーの娘フローランスとの結婚後、ブドウ栽培とワイン造りを学び、ドメーヌで働くようになりました。

95年にロベール氏が他界して以降は、パスカルとフローランスのふたりでドメーヌを切り盛りし、カーヴの拡張、醸造施設の改装、畑もさらに増やし、2008年には「ラトリシエール・シャンベルタン」をラインナップに加えています。2011年からは長男のシャルルもドメーヌの一員として働いています。

所有畑

お膝元のヴォーヌ・ロマネ村と、ニュイ・サン・ジョルジュを中心に数々のクリマを持ち、特級は「ロマネ・サン・ヴィヴァン」、「エシェゾー」、「クロ・ド・ヴージョ」、それに「ラトリシエール・シャンベルタン」があります。ドメーヌが所有する畑の総面積は13haを超えます。

ブドウ栽培・ワイン造り

ブドウ栽培はリュット・レゾネ(減農薬農法)。手摘みでブドウを収穫し、ブドウは破砕せずに低温マセレーションの後、ステンレスタンクで自然発酵を行います。

樽熟成期間は平均14ヶ月で、新樽の比率は村名で20〜25%、一級畑で30〜50%。特級は100%新樽にて。ヴォーヌ・ロマネ1級の「オー・レニョ」と「レ・シュショ」にも100%の新樽を採用しています。

官能的で華やかなスタイルのワイン造りを得意としており、特に1級「レ・シュショ」は、特級畑にも負けず劣らずの品質を誇り、各方面で高いを評価を得ています。