ブラックエステート(BLACK Estate)

ブラック・エステートはニュージーランド南島、ノース・カンタベリーのワイパラ・ヴァレーを本拠とするワイナリーです。冷涼な気候と石灰質の土壌における有機栽培にて、良質なピノ・ノワールやシャルドネを生産しています。

04518B52-AF60-495A-B0ED-361B80889B7A

ワイナリーについて

ワイナリーの起源は、1994年にラッセル・ブラックが、オミヒにピノ・ノワールを植えたことに始まります。このワイナリーを2007年にロッド・ナイシュとその家族が買い取ったのが、現在のブラックエステート社。ロッドの娘、ペネローペと結婚したニコラス・ブラウンが、現在、ワインメーカーを務めています。

もともと8haだったブラック・エステート・ヴィンヤードは、2011年に4haのブドウを新たに植え、現在は12haの面積を誇ります。さらに7.5haのダムスティープ・ヴィンヤードと、4.5haのネザーウッド・ヴィンヤードを加え、総面積は24haとなっています。

土壌はおもに褐色をした粘土のローム層ですが、母岩は新世界では珍しく石灰岩が多い。活性石灰の強い石灰粘土質の土壌も見られ、ブルゴーニュとも良く似ています。気候的にも恵まれ、北向き斜面をもつ丘陵地で陽当たり良好。夜間の低い気温がきれいな酸味が加わったワインが造られます。

おすすめワイン

関連投稿