メルローの産地と特徴

【メルロー(Merlot)】赤ワイン用のぶどう品種として世界で広く栽培されています。代表的にはフランス・ボルドー地方の赤ワインに使用され、フランス国内でみても黒ブドウの栽培面積が1位の品種です。芳醇な果実味と、まろやかな口当たりが特徴です。

栽培適地 保湿性の高い粘土質の土壌を好む。湿気や寒さにも強いため、栽培適地が非常に広く、世界中で生産される。
特徴 熟成の若い段階から飲めるだけでなく、長期熟成する高級ワインにも多く使われる。

主要生産地

フランス
ボルドー地方
特に右岸の主力品種。カベルネ・ソーヴィニョンやカベルネ・フランなどとブレンドして使われる。
その他 カリフォルニア、チリ、オーストラリア、南アフリカ、日本など世界中で栽培される。多くは単一品種から作られるワインが多い。