アラン・ユドロ・ノエラ(Alain HUDELOT-NOELLAT)|ブルゴーニュ

アラン・ユドロ・ノエラは、フランス・ブルゴーニュ地方のシャンボール・ミュジニー村に本拠を置くワイナリーです。

ワイナリーについて

ドメーヌ創業は、シャンボール生まれのアラン・ユドロと、妻のオディールが、1964年ヴージョ村にドメーヌを立ち上げたのが始まります。

妻のオディールは、ヴォーヌ・ロマネの大ドメーヌ「シャルル・ノエラ」の孫娘でもあり、1978年に祖父の所有畑の4分の1を受け継いでいます。その区画には、リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、ヴォーヌ・ロマネ1級マルコンソール、1級シュショ、1級ボーモンなどの著名畑を含まれます。従ってこれら多くの畑は、後にシャルル・ノエラを買収したドメーヌ・ルロワの区画とも隣接しています。

今日、ドメーヌのワイン造りの中心を担うのは、アラン・ユドロ夫妻の孫にあたるシャルル・ヴァン・カネットです。シャルル・ヴァン・カネット氏は、アラン・ユドロ夫妻の娘の子供で、1988年ランス生まれ。ボーヌの醸造学校に入学、2007年はジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペで修業し、2008年にドメーヌ入りをしています。

ブドウ栽培・ワイン作り

ブドウ栽培はリュット・レゾネ(減農薬農場)ですが、トラペでの影響もあり、シャルル自身はビオディナミに関心を寄せていると言います。

醸造においては、祖父の時代は完全除梗でしたが、2011年に一部、2012年には全クリマにおいて20%の全房醸造を行っています。発酵槽は内側をコーティングした鉄製タンク。10度の温度で8日間の低温マセレーションを行い、その後、最高温度を33度に調整してのアルコール発酵。圧搾にはバスケットプレスを用い、0.8バールという低い気圧でやさしく搾ります。

樽熟成期間は比較的短く平均14ヶ月。2011年は果実味を生かすため、11ヶ月と短めに切り上げたそうです。新樽の比率は村名で20%、1級30〜50%、特級50〜60%にて行っています。

関連投稿