価格帯で選ぶ厳選おすすめワイン(1,000円以下/2,000円以下/3,000円以下など)

今回はこれまでに試飲して美味しかったワインの中から、価格帯別におすすめワインをご紹介します。

価格帯別のおすすめワイン

【1,000円以下】のおすすめワイン

1,000円までの価格帯でオススメなのが、南アフリカの生産者「ディスティル社」が造る「リベルタス」シリーズです。特に白ワインではシュナン・ブラン、赤ワインではメルローのバランスが良く、価格帯もテーブルワインにピッタリです。いつもケース買いをしています。

【2,000円以下】のおすすめワイン

2,000円までの価格帯ではこれ。ボルドーの白ワインと、南イタリアの赤ワインです。

白ワインの方は、この価格帯では珍しく樽熟成をしています。同価格帯の白ワインに比べて厚みがあり、リッチなテイストを味わうことができます。

赤ワインの方は、ブドウ品種はネグロアマーロ。甘草のような少し特徴的な香りがありますが、酸とタンニンのバランスが良く、気取らないカジュアルな料理にピッタリです。

【3,000円以下】のおすすめワイン

少し予算が出て3,000円までならコレ。スペイン・リオハの赤ワインです。「レゼルバ」は最低3年以上の熟成(うち1年は樽熟成)を経た後に出荷されるワインの事です。
(参考:スペインのレゼルバ、グラン・レゼルバとは?

木樽由来のヴァニラ香が感じられ、味に深みと複雑性があり、価格以上に価値があります。もう1,000円予算をアップすると、更に熟成期間が長いグラン・レゼルバが手に入ります。

【5,000円以下】のおすすめワイン

5,000円まで手を広げると、かなり選択肢は広がります。あえて選ぶとすればコレ。ブルゴーニュ地方のペルナン・ヴェルジュレス村のワインで、ルイ・ジャド社が所有する自社畑のブドウから造られています。畑はコルトンの丘の向かい側(東向き斜面)にあります。均整が取れた完璧な白ワインです。

【10,000円以下】のおすすめワイン

この価格帯になると、ブルゴーニュのプルミエ・クリュ(1級格付け)のワインに手が届きます。あえて上げるとすればコレ。とてもパワフルなピノ・ノワールです。

ブルゴーニュの赤ワインは、高価なものであっても生産者によっては「?」マークがついてしまうものがたまにありますが、こちらの2011年は見事な仕上がりでした。

まとめ

試飲してよかったものをどんどん紹介して参りたいと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

Wine Noble