【赤】ジュヴレ・シャンベルタン 1級「シャンポー」(フィリップ・ルクレール)

おすすめ フランス、ブルゴーニュのフィリップ・ルクレールのワインです。

フィリップ・ルクレールのワインはあの特徴的な楯形のラベルからひと目でわかる。そして彼が造るワインは、フィリップ本人やボトルから発せられるメッセージそのもの。きわめてエネルギッシュで躍動感溢れるスタイルとなっている。

誰よりも遅い収穫、高めの発酵温度、長い樽熟成。ただし、アメリカ市場で多いにもてはやされた90年代の風味からは脱皮。抽出の強いピジャージュは頻度を減らして柔らかなルモンタージュに、発酵後のポストマセレーションは止めた。

昔はブルゴーニュ・ルージュから新樽100%熟成だったがそれも改め、今日の新樽率はブルゴーニュ・ルージュで10%、村名ジュヴレ・シャンベルタンで60〜70%、1級もので100%となっている。

昔のブルゴーニュワインは何年も寝かせてから飲む人が多かったが、今は市場に出たらすぐに消費してしまうのがトレンド。それに合わせての進化である。

1級畑「シャンポー」は、名高い1級畑「クロ・サン・ジャック」と同じ北側の丘の最北端に位置する畑。ジュヴレの中では比較的果実味が強くフルーティーなワインが造られるクリマとして知られています。

ワイン名 ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ「シャンポー」
Gevrey-Chambertin 1er Cru Les Champeaux
生産者 フィリップ ルクレール
Philippe LECLERC
生産地 フランスブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン
ブドウ品種 ピノ・ノワール
参考価格 【2014年】10,000円

テイスティングメモ

2014年ヴィンテージ(2017年9月に試飲)
ドライフルーツのような濃縮された果実感と、新樽由来の甘い香り。骨格がハッキリした男性的なワイン。タンニンは豊富だがキメが細かく心地よい。ジュヴレのワインは長期熟成型が多いが、こちらは今飲んでも十分に美味しい。2014年の負のヴィンテージを感じさせない。品質に比べて価格もかなり手頃。ただし生産量が少ないため流通も少ない。見つけたら即買いだろう。

楽天・アマゾンで購入する

ショップでご購入される際は、各ショップ様の注意事項をよくお読み頂き、特にヴィンテージ(生産年)等の違いにご注意下さい。