ラ・プス・ドール(La POUSSE d’OR)|ブルゴーニュ

ラ・プス・ドールは、フランス・ブルゴーニュ地方のヴォルネイに本拠を構えるワイナリーです。

ワイナリーについて

かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部が、前身の「ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール」でした。1964年に投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのがジェラール・ポテルという人物です。

やがて、ポテル氏が株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していましたが、1997年にポテルが急死したことにより、ドメーヌは売りに出されます。これを購入したのが現オーナーのパトリック・ランダンジェです。

オーナーのパトリック・ランダンジェは、医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物であり、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持ち、かねてからワインビジネスにも興味を持っていました。そんな折に、プス・ドール売却の話を聞き、ワイナリーを取得すると200万〜300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新し、改革を進めました。

1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまでの工程を、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっています。

また彼は設備投資だけではなく、ブドウ畑の拡充にも意欲的であり、1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)を取得。2008年にはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・モワンヌ・ユドロを買い取り、村名シャンボール・ミュジニー(1.41ha)、1級のグロゼイユ(0.52ha)、フースロット(0.42ha)、シャルム(0.19ha)、レ・ザムルーズ(0.20ha)、そして特級ボンヌ・マール(0.17ha)をラインナップに収めています。一方で、2009年にサントネイ1級のグラヴィエールを売却するなどして、ドメーヌのポートフォリオを再構築しています。

ブドウ栽培・ワイン造り

ブドウ栽培はすべてビオロジックにて行われています。

赤ワインの醸造では、木桶とステンレスタンクを併用し、7日間の低温マセレーションの後、日に2回のピジャージュをしながら長いキュヴェゾンを施します。樽熟成は1級で1/3、特級で40%前後。トータルで15ヶ月間行われます。

白ワインは、圧搾後24時間のデブルバージュを経て、樽発酵、350リットルの中樽をにて樽熟成が行われます。新樽比率は50%。

おすすめワイン

現在のドメーヌ・ド・ラ・プス・ドールのワインは、どれも洗練されていて、果実味、酸、タンニンなどブルゴーニュワインの醍醐味を余すところ無く表現しています。

特にドメーヌのモノポールである「クロ・ド・ラ・プス・ドール」は、かつてブルゴーニュ大公家が所有し、その後フランス王家のものとなったとされる区画の畑で、ヴォルネイの力強さと共に、エレガンスも備わった非常に質の高いワインと言えます。