ピノ・ノワールの産地と特徴

ピノ・ノワール

【ぶどう品種:ピノ・ノワール(Pinot Noir)】
主にフランス・ブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方で栽培される黒ブドウ品種です。栽培に適した気候・土壌の条件が厳しく、世界に目を向けても限られたエリアのみで栽培されます。

栽培適地 日当たりが良くかつ水はけが良い粘土混じりの石灰質土壌を好む。
味わい 皮が薄く色彩が淡いが酸やタンニンが豊富で長期熟成にも向く。赤系の果実のニュアンスがある。

主要生産地

フランス
ブルゴーニュ地方
単一品種で作る赤ワインが非常に有名。酸とタンニンがあり、熟成するに従って妖美な魅力を放つ。
フランス
シャンパーニュ地方
主にモンターニュ・ド・ランスで栽培。通常のシャンパンにブレンドされる他、黒ブドウで作る「ブランド・ノワール」等の原料として使われる。
フランス
アルザス地方
赤ワイン用のブドウ品種として栽培される。ドイツでは「シュペートブルグンダー」と呼ばれる。
ドイツ
アメリカ合衆国
オレゴン州
オレゴン州では最も多く栽培される黒ブドウ。ブルゴーニュに比べ酸は少ない。
その他 ニュージーランド、チリ、オーストラリア等の一定の地域でも栽培される。