【特級畑】シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ(Chambertin Clos-de-Beze)

シャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、フランス、ブルゴーニュ地方にあるグラン・クリュ(特級畑格付け畑)であり、この畑から収穫されたブドウで作るワインのことを言います。

所有者の数 18人
畑の面積 15.4ha
畑の所在地 ジュヴレ・シャンベルタン村
ワインのタイプ 赤ワイン

ワインの特徴とテロワール

特級「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」の畑があるジュヴレ・シャンベルタン村には、標高260m〜320メートルの南東向きの日当たりの良い斜面に、9つのグラン・クリュがあります。その数はブルゴーニュ、コート・ドールにおいて最多であり、特に「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」は「シャンベルタン」と共に別格扱いされる畑です。

筋肉質で男性的な「シャンベルタン」に対して、「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」からは優美さやエレガンスを兼ね備えた、やや女性的と言われるワインが生み出されます。「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」のブドウから造ったワインは「シャンベルタン」を名乗る事もできますが、その逆はできません。

代表的な生産者

アルマン・ルソー
ロベール・グロフィエ
ピエール・ダモワ など

参考商品