カベルネ・ソーヴィニョンの産地と特徴

【カベルネ・ソーヴィニョン(Cabernet Sauvignon)】
フランスボルドー地方をはじめ、世界で広く生産される赤ワイン用のブドウ品種です。果皮が厚く色が濃い、濃厚な味わいと豊富なタンニンが備わったワインができるのが特徴的で、長期熟成向きの高級ワインにも多く使われます。

栽培適地 水はけの良い土壌を好む。世界で広く生産されるが、他のブドウ品種に比べ生産性が低いため高級品種として扱われる。

主要生産地

フランス
ボルドー地方
ボルドー地方を代表する品種。メルローやカベルネ・フランなどとブレンドしてワインが作られる。
その他 カリフォルニア、チリ、オーストラリアなどのいわゆるニューワールド系の生産地でも多く栽培される。これらの地域では、多くは単一品種でワインが作られる。