カベルネ・フランの産地と特徴

カベルネ・フラン


【カベルネ・フラン(Cabernet Franc)】主にフランスボルドー地域やロワール地方などで栽培される黒ブドウ品種です。冷涼な気候でもよく育つ早熟の品種でもあり、天候不良で他品種の不作が予想される際に頼りにされる品種でもあります。

主要産地

フランス
ボルドー地方
主にカベルネソーヴィニョンやメルローといった品種とブレンドされる。サンテミリオン地区においてはカベルネ・フランが主体の高級ワインもある。
フランス
ロワール地方
主に赤ワインの主要品種として使われ、この地方では「ブルトン」とも呼ばれる。