ブルゴーニュ地方の「ドメーヌ」と「ネゴシアン」とは?

ブルゴーニュ地方のワイン生産者は、大きく「ドメーヌ」と「ネゴシアン」という業態に分けられます。

▼続きを読む

ドメーヌとは?

「ドメーヌ」は、フランス語で「領主」を意味し、ブドウ畑を自ら所有し、ブドウの栽培からワインの醸造・瓶詰めまでを一貫して行う生産者のことを言います。

ドメーヌのワインは生産量は多くありませんが、テロワールを知り尽くした丁寧な畑仕事と醸造技術が売りです。ただしワインの品質はブドウの作柄によって左右されます。

ネゴシアンとは?

「ネゴシアン」は、フランス語で「交渉人」を意味し、農家から原料ブドウやワインを買い付け、自社で熟成・瓶詰めをして出荷をする生産者のことを言います。

ネゴシアンは、複数のブドウ農家と契約するなどして取り扱い銘柄を増やしビジネスを展開します。不作にも備える事ができ、生産者によっては作柄に応じて生産調整を行い、毎年比較的安定した品質でワインをリリースします。(ただし単一畑の場合はそうはいかない)

兼任である場合も

ただし、現代では、ネゴシアンとしてスタートした生産者が自社畑を所有するに至ったり、反対にドメーヌとして生産を行う一方で他者からブドウやワインを買い付け「ネゴシアンラベル」として販売する生産者もいるなど、一概には言えない部分もあります。

例えば、ルイジャド社などは、全域で活躍する巨大ネゴシアンであると共に、コート・ドールに多数の格付け畑を所有する巨大ドメーヌでもあります。

←ブルゴーニュワインの基礎知識へ戻る

閉じる